出会い

MENU

出会いは人それぞれですよね

社会人になって出会いがなくなったと感じている女性は多いのではないでしょうか?

 

会社は恋愛をしに行く場所ではないし、休日は疲れて寝てしまう。行動範囲が狭くなってしまい、理想の男性に出会える確率が減ってしまったように思う。そう考えてしまう前に、出会いは日々の生活の中に沢山あることを気付いてください。

 

 

出会いの場所は人それぞれです。恋愛漫画やドラマのように突然出会うこともあれば、学生時代からのお付き合いの方もいますし、婚活パーティーで知り合った方もいます。

 

重要なのはその出会いがあるという事に気付けるかどうかです。草食系男子や植物系男子といわれるように、自分から行動できる男性が減少しつつある現在、女性まで受け身のままでは恋愛に発展する事はありません。

 

恋愛は突然始まる事の方が多く、結婚は長く付き合っているから出来るというものではありません。既婚者の方全員が学生時代からの恋愛という訳ではなく、社会人になってから恋愛されることの方がほとんどです。

 

社会人になってからの恋愛は結婚を意識してしまい慎重になりがちですが、まずは出会いがなければそれも始まりません。人の出会いは一期一会です。どんな場所でどんな出会いがあるのか、恋人に限らず気の合う仲間もその時になってみないと解りません。

 

誰でも出会い方は違います。どこでどんな方とどのように出会うかは人それぞれ違うのです。現在の自分自身の生活の中にどんな出会いの場所があるのか探してみてください。

 

参考サイト:ブサイクでも出会い系でセフレを作るコツ

職場やバイト先での出会い

出会いの中で、一番恋愛に発展しやすいのが職場やバイト先です。社会人になると周りの男性は既婚者が多くなり、恋愛に発展する相手など少ないように感じます。

 

しかし、出会いは社内の人だけではありません。例えば来店されたお客様や配送の業者さん、隣接した会社の方やお得意先の方など会社に来られる男性は沢山おり、そういった方も恋愛の対象になるのです。

 

職場での一番大きいメリットは、働いている姿を見られるということです。これは恋愛する中でも重要ではないでしょうか。プライベートは取り繕えますが、仕事の技量は嘘をつきません。仕事のスキルや向上心で彼との将来を考える事も出来ます。

 

また休みを合わせて出かけることもしやすく、彼との時間が多く欲しい方にはお勧めです。

 

しかし社内恋愛禁止の会社も多く、破局した後のわだかまりで仕事がしにくくなってしまうというデメリットもあります。社会人にもなって破局したから仕事も辞めるという無責任なこともしたくありません。社内での恋愛を考えている方は仕事とプライベートを割り切れる女性になりましょう。

 

 

職場での出会いを成就させたい場合、重要なのはターゲットを絞り込んでアピールしすぎないことです。例えば一人にいい顔をすると、贔屓や差別をする人だというレッテルを張られてしまい、評価を下げることになってしまいます。まずは誰に対しても笑顔や挨拶を返すようにして、好印象を与えます。

 

それだけで自分自身の評価もあがりますし、意中の方へ自然に声をかけやすくもなります。

SNSで出会いを探す

携帯やインターネットが普及してきた現在、ソーシャルネットワークといったサービスを使っての出会いも多くなっています。

 

これの一番大きなメリットは一つの地域だけでなく、全国各地の方と出会うことが出来るという事です。コミュニティサイトから趣味や職業、悩みなど様々な共通点で繋がることが出来ますし、ネット上だけの繋がりだと思うと、気兼ねなく会話をすることが出来ます。

 

SNSでは全体での意見交換以外に、個別でもやり取りをすることが出来ます。またオフ会と呼ばれる、インターネット上だけでなく実際に集まって親交を深めることもあるので、今まで以上にたくさんの方と繋がれるようになっています。

 

共通の趣味などがあれば、初対面でも自然と会話することも出来ますし、こういったサービスを利用して新しい出会いを探す方法もあります。

 

しかし、SNSで気を付けなければいけない事もあります。一番は相手が見えないという事です。会話のやり取りはしますが、相手がどんな方なのかは実際に会って直接話してみないと解りません。性別や年齢など嘘をついている可能性もあります。

 

また実際会って話をすると、会話が合わない事もありますし、SNSを使った犯罪も急増しています。初めて顔合わせをする際はなるべく昼間にし、人気の多い場所で待ち合わせすることをお勧めします。

 

また、自宅の住所や電話番号などの個人情報は簡単に教えないことも大切です。勿論悪い出会いばかりではありませんが、インターネットは気軽さゆえに危機感が薄くなりがちです。それを悪用する人がいるという事も忘れないでください。

更新履歴